浦安駅より徒歩2分の駅チカ整骨院 猫実中央整骨院



院長の真面目な話

2017年12月13日

暮れを迎えて寒さもひとしお。手足の冷えにお悩みの方にとってはつらい季節の到来。身体の動きも鈍くなりがちですね。しかし,何もしないで筋肉を固くしてしまうと、血液の循環や新陳代謝を低下させてしまい「冷え症」の悪循環を深刻化させてしまいます。

『冷え症』になりやすい人

血行障害のもっとも代表的な症状と言える「冷え症」。主に手足など体の限られた場所の慢性的な冷えに悩まされるこの症状を抱えている方は大勢います。自律神経や身体に歪みのある人も要注意です。

『整骨医学と冷え症』

身体の歪みは内臓や神経の働きを弱めるため、自律神経の乱れや血行不良の原因となり、「冷え症」の症状も出やすくなります。予防と改善のためにも正しい姿勢を心がけ、身体の歪みを治しましょう。

『予防と対処』

血液の循環を良くすること。筋力をつけて熱を発生できる身体になりましょう。1日1回は運動、朝食も必ず食べる様にしてください。規則正しい生活で体力・筋力をつける事が出来れば「冷え症」の悩みはかなり改善します。また,姿勢の悪さに起因している方は「歪み矯正」をぜひ考えてみてください。

『冷え症打破のポイント』

●入浴で身体を芯から温める!

38~40℃くらいのあまり熱くないお湯にしっかり浸かって身体を温めましょう。

●3つの『首』から寒さを入れない!

首・手首・足首から寒さを入れない服装を心掛けましょう。

●根菜類を食べましょう!

いも・かぼちゃ・ごぼう等の根菜類は身体を内から温めてくれます。また、冷えからくる”むくみ”を「冷えむくみ」といいます。これには白菜やねぎを食べるのが良いそうです。この時期だとやはり”鍋”ですね。

最後に【今年もお世話になりました】

今年も残りわずかですね。皆様にとって今年はどんな1年でしたか?私にとってこの1年は感謝の1年でした。当院にお見えになる皆様の笑顔に支えられ1年を頑張ることができました。支えられるだけでなく支えることは出来たのかな~と反省。来年はそんな反省をしなくて良いように精一杯努めてまいります。

 

産後骨盤矯正・小顔矯正・体の歪み、肩こり・腰痛でお悩みなら

子育て・家事・仕事…頑張るあなたを応援 浦安駅徒歩2分 猫実中央整骨院

 

2017年8月1日

暑中お見舞い申し上げます。暑い日が続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?夏バテしていませんか?しっかり食べて、しっかり寝る。夏は体力勝負です。暑さに負けないようにしましょうね。

『クーラー病』

暑い夏を快適に過ごすための必需品となっているエアコン。寝苦しい夜など、流れる冷風は心地良いのですが、冷気と外気の温度差に身体が馴染めず、肩こりや腰痛など「クーラー病」に苦しむ人が増えています。これは、エアコン自体に問題があるというより、体の適応が何らかの障害によって妨げられている場合が多く、身体の歪みや自律神経の失調などの関連が疑われます。

◎クーラー病はどうして起きるの?

エアコンの存在は、暑い夏を涼しくしてくれる、ある意味「自然の流れに逆らった」環境を作り出します。そのため、身体の自律神経に備わっている体温調節機能(血管の拡張収縮、汗をかいて体温を発散させる機能)が温度変化に対応できなくなって「クーラー病」になるのです。また、これらの症状の根底には、身体の歪みが間接要因になっている場合も多くあります。

≪クーラー病の諸症状≫

足腰の冷え 肩こり 頭痛 神経痛 生理不順 倦怠感 食欲不振 腹痛 など

激しい温度の変化が身体のバランスを狂わせます。

☆整骨院とクーラー病

・血液の流れや神経の圧迫をとり、気候や温度の変化に対応して、無理なく順応することができるように身体の歪みを整えることが大切です。

・手足の冷えを主な症状とされている方は、整腸の働きを活発にする「腸揉み」や、身体に熱を入れる「温熱療法」が効果的です。

・のぼせるなどの症状がみられる方は、気血の流れが乱れているので、改善のためには気血を順当に循環させる「骨盤矯正」が効果的です。

●●●予防と対処●●●

エアコンの設定温度を外気温±5℃以内に保つように心がけましょう。オフィスなどでは、薄手の上着を羽織るといった対策も有効です。また、新陳代謝を高めることも「クーラー病」を防ぐ対策の1つになるので、運動をすること(熱中症に気をつけてね!)、シャワーではなく湯船にしっかり浸かって発汗を促す努力をしてください。

 

産後骨盤矯正・小顔矯正・体の歪み、肩こり、腰痛でお悩みなら

子育て・家事・仕事…頑張るあなたを応援 浦安駅徒歩2分 猫実中央整骨院

2017年6月13日

6月に入り暑い日が増え、気温が30℃を超える日もありましたね。もう夏なのかなと思っていたら、やっぱり今年も来ましたね、梅雨が。気候が不安定になり、どうしても雨が多くなります。気温が不安定、気圧も不安定…すると体調も不安定になってしまいます。気候が不安定になると自律神経のバランスが狂い、身体も歪んでしまうのです。天気がスッキリしない分、せめて体調だけはスッキリさせましょう。

【梅雨病】

気温と湿度と気圧の変化が激しい梅雨時は、身体の弱ってる部分から痛みに襲われることがあります。とくに頭痛、めまい、肩こりなどは、自律神経の乱れからくる「梅雨病」ならではの症状といえるでしょう。

“雨降りの前後にやってくる悩ましい梅雨病”

・湿邪によって起こる『関節痛』 ・交感神経の過緊張で血行不良となって起こる『肩こり・腰痛』 ・自律神経のバランスを崩して起こる『めまい・倦怠感』※自律神経とは…人体の内臓や器官機能を自動的に調節しているのが自律神経です。この神経が梅雨時の気候変化に適応できなくなると“自律神経失調状態”となって身体に様々な不調が起きます。

梅雨時は湿度が高く、皮膚の汗腺が開いたままになって皮膚表面温度の調節機能が鈍り、身体の中に冷えたり冷えなかったりする部分がでます。そして適切な体温調節が出来なくなった身体では自律神経の働きに乱れが生じます。自律神経は内臓の働きにも影響を与える重要な神経のため、この乱れは血流異常、特に筋肉や末梢神経周囲の血行を悪化させ筋肉の硬直や末梢神経障害を引き起こします。身体が歪んでいたり、肩や腰の骨・関節・末梢神経にトラブルのある方が梅雨時になると痛みに悩まされるのはそのためです。

≪予防と対処≫

梅雨病の原因となる自律神経の失調は筋肉や骨だけでなく内臓にも負担をかけるので、まずは血行不良を解消するため適度な運動を心がけましょう。そして身体に歪みが生じている人はこの機会に「歪み矯正」などの対策をオススメします。

 

産後骨盤矯正・小顔矯正・体の歪み、肩こり、腰痛でお悩みなら

子育て・家事・仕事…頑張るあなたを応援 浦安駅徒歩2分 猫実中央整骨院

 

2017年6月9日

就寝中の不自然な態勢、急な荷物の上げ下げ…。不意に襲ってくる「ぎっくり腰・寝違い」は突然やってくる痛みではありません。疲労や身体のバランスの崩れなどが蓄積した結果としてある日ふとしたきっかけでやってくるのです。あの痛みは経験したことのある人だったら辛さはわかりますよね。でも、日頃の小さなケアの積み重ねで回避することも可能なんですよ。

歪みがひどく身体のバランスが崩れていると、そのひずみを調整するため他の筋肉や関節に負荷がかかり、痛みなどの症状が出ることがあります。首や腰も同様で、身体に歪みがあるとバランスを整えるため片側に負荷が加わります。そのため筋肉が硬くなりぎっくり腰や寝違いなどの症状が出やすい状態になります。そのような状態のままで身体を冷やしたり、不自然な態勢で寝たり、ちょっとした無理な動きをするとぎっくり腰や寝違いになってしまうことが多いのです。身体の歪みは様々な症状を引き起こす原因です。当院では痛い部分の施術はもちろんですが、身体の歪みを改善する施術を行います。身体の歪みが気になる場合はお気軽にご相談ください。

「ぎっくり腰」

ぎっくり腰になる人は、腰の張りなど小さな予兆を見過ごしていることが多々あります。不調の感じ方は人それぞれですが、忙しいからと放って置かずにそれを身体からの危険信号と思って受け止めることがとても大切です。筋肉や背骨が悲鳴を上げる前に対処すればかなりの確率で防ぐことができるでしょう。

「寝違い」

首を冷やした、寝相が悪かった、前日に長時間パソコンに向かった…寝違いの原因も様々ですが椎間関節からの痛みもストレスや過労によって全身のバランスを崩し快眠が得られなくなったことも原因の1つに考えられます。頸部から肩甲骨周辺の筋肉の過緊張も寝違いを起こす原因になります。

以上、簡単ではありますが少し話をさせていただきました。予防と対策としては、お身体にいつもと違う「何か」を感じたら早めにご相談ください。日常的に疲れや筋肉の張りを感じている方は身体の歪みをチェックをおすすめ致します。ストレッチなども有効ですが、慢性的に不調を感じているのであれば、そちらの対処を優先させることが賢明と考えます。痛みが生じた際には患部の状況によって冷やす場合と温める場合に処置が分かれます。安易に湿布などで処置せずに専門家の判断による対処を受けてください。

 

産後骨盤矯正・小顔矯正・体の歪み、腰痛でお悩みなら

子育て・家事・仕事…頑張るあなたを応援 浦安駅徒歩2分 猫実中央整骨院